teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:つっちゃん@管理人  投稿日:2017年 1月 5日(木)17時30分46秒
  【重要】TRAILサイト移転・リニューアル完了について
1月4日21時より下記URLへ移転いたしました。

http://trailaerial.web.fc2.com/index.html

新サイトはFC2にて開設いたしました。
各ページで表示がバラバラだった旧サイトに対し、各ページでフォーマットを統一した格段に見やすい構成に変わりました。メニューバーについてはコーポレートカラーである緑色を採用しています。
今後の更新はすべてこちらで行います。
「架空鉄道NAVI」には新サイトで再登録を既に行いました。

旧サイトについては予告通り新サイトへのリンクのみへの縮小作業を今後数日以内に実施し、遅くとも本年秋までにはサーバーからの削除、Yahoo!ジオシティーズからの完全撤退を予定しています。

旧サイトからの移転に際し、散逸した各種資料の再構成・不明点の明確化作業に際しこちら側の判断で設定を変更させていただいた点が多数ございますのでご了承ください。
 
 

(無題)

 投稿者:つっちゃん@管理人  投稿日:2016年12月 6日(火)13時28分12秒
  【重要】TRAIL サイト更新停止およびサーバー移転について
TRAIL HPは本日の更新分(プレスリリース2件公開)を持って、一旦全面的に更新を停止いたします。
停止の理由として...
1:長らく整合性の取れない個所を中心に修正・加筆作業を続けたものの多忙により作業が進まず、その間にもさらに整合性が取れなくなるという悪循環が生まれていた
2:全てのページでフォーマットがバラバラでお世辞にも見やすいページではなかったこと
3:ページ開設当時と違い、スマートフォン・タブレット端末が普及しそれらのデバイスへの対応も必要になったこと
4:作業に使用しているPCのOS(Windows Vista)が来年春にサポート打ち切りとなることや動作が不安定になったことで早急に新環境への移行が必要となった

が挙げられます。

新サイトは現行のYahoo!ジオシティーズ内ではなく、他社のサーバーでの開設を予定しております。
新しいページは以下の通りの仕様となります。
1:一般的なウェブページと同様の全ページ統一デザイン
2:RWD(※)対応によりスマホ表示にも対応
3:昨今のTwitterやいわゆる「まとめサイト」でのデマ問題を鑑み、「このサイトの内容は全て架空のものです」という表記を全ページに最低1か所以上は表示

※RWD 「レスポンシブウェブデザイン」の略。PC・スマホ・タブレットなどあらゆるデバイスに対して自動的に最適化された表示を行うことができる仕様。

新ページ開設に伴う現在公開・運用しているページの今後の方針です。
1:リンク集は現在相互直通運転を行っている3事業者(静中・NR・THSR)およびサイト作成に使用している資料公開サイト(フリー画像素材サイト等)へのリンクに縮小、それ以外は解除
2:当掲示板は運用継続、利用規約ページが新ページに切り替わりますのでご注意ください。
3:特急列車等の紹介は2017年3月に予定しているダイヤ改定以降の内容を基準に表記します。
4:運行情報ページを刷新、QRコードを用いた運行情報配信サービス「TRAILトレインアラート」開設(サイト内に表示されるQRコードはダミーのデータ)


新サイト公開開始(移転)は2017年1月中を予定、ハッキリと「●日」とお知らせすることはできませんがそれより後ろ倒しになることはないものと見ております。
現ページは公開開始と引き換えに全コンテンツを閉鎖、新サイトへのリンクボタンのみを設置するページへ縮小し、一定期間後にサーバーから削除いたします。
URLが変更となりますのでリンク設定の変更をお願いいたします。
「架空鉄道NAVI」には移転完了後再登録を行う予定です。

☆その他TRAIL関連最近の動向
1:開業10周年
2016年12月3日をもってTRAIL初期4線(取手→現:横羽、淵野辺、練馬、戸部)開業から10周年を迎えました。
2:本社移転
これまでTRAIL本社は東京・世田谷区「TRAIL Leaf Tower」内に設けておりましたが、2016年12月5日より東京都渋谷区道玄坂「TRAIL SHIBUYA TOWER」に全面移転いたしました。「Leaf Tower」は今後もテナントビルとして引き続き保有いたします。
「Leaf Tower」内に入居していたTHSR東京西部支社も渋谷へ移動しています。
なお、「SHIBUYA TOWER」が置かれている「設定の」土地については、現実には2019年3月竣工を目標に東急不動産がオフィスビルを建設する場所となっています。
参考URL:http://skyskysky.net/photo2/201829/3.pdf
 

(無題)

 投稿者:つっちゃん@管理人  投稿日:2015年 1月13日(火)21時49分15秒
  本年もよろしくお願いいたします。

<2015年度整備計画>
来年度より五カ年による新経営計画による運営体制に移行、東京オリンピック・パラリンピックに向けての準備が本格化します。
また、経営計画実行期間内である2016年末にTRAILは開業10周年を迎えます。
経営計画内に入る整備実施予定項目は以下の通りです。
1:駅構内・車両内におけるLED照明の導入拡大
→LED導入車両には車内にステッカーを貼付する予定
2:エレベーターの設置などによるバリアフリールートの拡充
→法令に基づき、全駅にて地上⇔ホームまで1ルートは確保済 主要駅を中心に複数ルートの確保を実施
3:増収施策として、割引乗車券類の積極的販売およびPRによる沿線(および直通他社線)への旅客誘致強化
→現在販売している割引乗車券類を大幅に見直します。
4:機器の更新
→開業が早い駅・使用環境が過酷な駅から自動改札機の新型機への更新を開始
5:タブレット端末「iPad」の導入
→駅では旅客への案内ツールとして導入するほか、乗務員が携行するマニュアル類をiPadに収録・統合し省力化を図る
6:防災対策のさらなる強化
→地震だけでなく風水害、雪害への対策を引き続き推進


☆2015年春ダイヤ改定について
例年通り、JRグループと同日である3月14日に全線を対象に実施します。
もう少し時期が近づいてから詳細を発表する予定です。
要点は以下の通りです。
1:淵野辺線静岡地区「準急」廃止、「急行」運行再開 新裾野駅開業
→「急行」は東京地区のものとは名前は同じでも別物であり、静中線に名称を合わせたものです。
2:成田空港アクセス列車強化・ガーネットスター廃止
→ガーネットスター廃止に伴う38000系の処遇については下記参照
 第3ターミナル開業によるLCC需要増加、成田空港前泊利用者にも対応
3:板橋線延伸開通
→同時に8両編成化が完了予定
4:東京都心線快速急行の停車駅に白金高輪を追加
→南北線・三田線との乗り換え需要を考慮したものです。
5:通勤型車両による一部長距離運用の廃止
→ダイヤ乱れの広域波及の防止のため


☆38000系の用途転換について
3月14日のダイヤ改定をもって、都市東西線⇔成田空港間運行一般車・特別車混結型優等列車「ガーネットスター」の運行を終了します。これに伴い、同列車専従として運行していた38000系10編成100両が用途を失います。
現在1編成10両で東京駅基準で成田空港方5両が特別車(特急型)、湘南台方5両が4ドア一般車(デュアルシート)で組成されており、これを一般車と特別車でそれぞれバラし、再組成の上で転用を実施します。
一般車については一般車だけの6両編成に再組成、湘南台方のみしか存在しない一般車タイプ先頭車については方向転換を実施、逆方向の先頭車を捻出した上で静岡車両基地へ転属させ今年夏ごろから淵野辺線静岡地区への導入を予定しております。
就役後、静岡車両基地配置9000系の一部を淵野辺車両基地に転属させます。

一般車に施工する改造内容は大まかに以下の通りです。
1:M車・T車の位置変更(先頭車は製造時点より制御電動車)
2:一般車先頭車は静岡方しか存在しないため、5両を方向転換させる臨時回送を実施(※)
3:内装の一部変更、デュアルシートのモケットを交換(機構はそのまま)
4:塗装をネイビー+ターコイズの青系統からTRAIL標準の常盤色+中萌黄に変更
5:ドア横への半自動ボタン設置・静中車と同様のドア横表示機追設
6:乗り入れに備え、SH-ATC・静中型ATS(※2)・静中用列車無線装置追設
7:2000系との併結に備えた各種装置を東京方に設置
8:車いすスペースを2号車と5号車に移動
9:運転台を独自仕様から9000系と同様の配置に更新 走行性能も9000系に準じるものとする
10:VVVF装置を最新鋭のフルSiC使用VVVFに置き換え(TRAIL初採用)
11:行き先表示・自動放送ROMを9000系と同じプログラムに変更
※:都筑車両基地→(都市東西線)→船橋→(空港線)→井野検車区(一時入庫)→(空港線)→羽田国際→(横羽線)→葉山中央→(横羽線)→大井町→(練馬線)→渋谷→(淵野辺線)→静岡車両基地のルートで機関車牽引にて実施
※2ATS機器は非常用として搭載するためコスト削減の観点から6000系から移設予定



以上の工事により6両編成5編成30両を捻出する予定です。
形式は改番を予定していますが、正式な新形式・車両番号等は未定です。現時点で事務処理上、「9080系」の仮番号を付与しています。
営業運転は静岡地区(新裾野~静中線内)に限定するため、東京口への営業運転は予定していませんが、性能を9000系に合わせているのでダイヤ乱れ時には東京口への乗り入れもできるよう考慮しています。
竣工後試運転を淵野辺線全線にて実施した後、静中線内においても実施したいと考えております。ご協力をお願いいたします。
全ての試運転完了後順次営業運転を開始する予定です。

特別車については現時点で転用先は未定ですが、なるべく廃車にならないように手立てを考えたいと思います。
処遇が決まるまで、今回の改造工事から漏れた一般車と合わせて計70両を一時休車として各地へ分散留置とします。

改造工事はガーネットスター運行終了後3月下旬から開始し、改造対象車両は静岡車両基地へ無動力回送、休車対象車は3月末までに順次留置場所へ移送させる予定です。改造第1編成の竣工は5月を予定しています。



☆ホームページの整備
営業案内(運賃・乗車券制度・遺失物制度)の差し替えが間もなく完了、年度内にアップロードできる見込みです。
こちらは昨年4月の消費税率改定に伴う運賃改定制度に対応したものです。
この他、昨年春にTRAIL・静中間で再確認した事項についても反映させております。
また、障害者手帳の種類による割引の有無など整備不十分だった部分の記述も大幅に追加しております。

 

(無題)

 投稿者:つっちゃん@管理人  投稿日:2014年10月12日(日)21時53分12秒
  ☆台風19号への事前対応状況(12日21時現在)
○接近時の運行予定
高架区間や橋梁に設置した風速・雨量計、天気予報、他社線の動向を踏まえながら運転見合わせを含む措置を状況に応じて講じる予定です。地下線については地上からの雨水流入、軌道冠水等に備え、換気口の点検や非常時に防水扉を迅速に動作させられるよう人員配置を行います。

13日夜から首都圏地域に台風の影響が出てくるものと予想されているため、13日19時以降、特急を運休、14日初電から多摩川沿岸を走るたまがわライナーおよび、河口に近い地域を横断するモノレール線の一部区間について運休を決めており、既にTRAIL-HP運行情報ページにてお知らせしております。

☆東海道本線(JR東海管内)不通に伴う対応(第2報)
運休が長引いており、代替輸送を実施している区間については乗車率の上昇を確認しております。
週明けより新たに7時台・8時台に富士~新静岡間折返しの各停運用4往復分について通常の6両編成から2000系併結による15両編成に車両数増強を実施します。これらの列車についてもスカイシート車は締切扱い(非常時を除き通り抜けも不可)とするため実質13両となります。
 

(無題)

 投稿者:HIROKI  投稿日:2014年10月12日(日)00時33分50秒
  ◇静岡中央電鉄の台風18号対応・影響について(12日0時現在)

■台風18号最接近時の運行状況
・6日始発から全線通常通りの本数で運行。静岡県内最接近時には全路線で運転を見合わせておりました。12時以降順次運行再開。ただし麻機線 麻機~東千代田、静岡南北線 松富~麻機、南竜爪線全線、沼急線東清水~北富士、清水線全線については、沿線状況・安全確認のため6日16時ごろまで運転見合わせ。グループ会社である藤枝電鉄は線路点検のため終日運転見合わせ。翌日の7日からは一部車両運用に変更があったものの、ダイヤどおりに運行しています。

■被害等
・麻機線 麻機~加藤島、南竜爪線 麻機~漆山の高架線下の地上部分が冠水。ただし線路・高架橋への影響はありませんでした。
・藤枝電鉄線 藤枝大手~藤枝の数箇所で線路内冠水の被害。
その他、目だった被害は発生しませんでした。


■JR東海道線土砂崩れによる運転見合わせ状態への対応
JR東海道線の代替輸送を浜松~三島で実施しています。由比~興津間が有効な乗車券を持っている乗客を対象としています。

また、混雑対応として沼急線 新静岡~東清水を運行する各駅停車の約半数を北富士まで延長運行。

以上
 

(無題)

 投稿者:つっちゃん@管理人  投稿日:2014年10月 8日(水)23時15分32秒
  ☆台風18号への対応・影響等について(8日23時現在)

○接近当日の運行状況
台風首都圏接近・上陸当日となった6日は始発より全線で通常の7割程度の本数にて運行、最高速度を抑制して対応していましたが、9時台から12時台にかけて一部区間にて一時運転を見合わせました。14時以降順次運転を再開し、翌7日以降は概ね所定ダイヤに復帰しています。

○被害状況
TRAIL線の鉄道施設(駅・車両・線路およびそれらに付随する各種設備)への被害はありませんでした。

○他社線不通状態への対応
軌道内に土砂が流入し、富士~興津間で運転を見合わせているJR東海 東海道本線の代替輸送を淵野辺線富士~新静岡間にて実施しています。原則として首都圏エリアの振替輸送と同様のルールとし、JR線由比~興津間が有効な乗車券を所持する旅客(ICカードSF乗車は除く)が対象、別途スカイシート券購入によって通常通りスカイシートの利用が可能です。

また、混雑緩和対策として午前7時台後半~8時台前半に富士~新静岡間にて各停を上下2往復増発します。そのうち下りの新静岡行き1本は元来小田原方面から新静岡まで回送されている編成を富士以西を営業運転に変更して新静岡では直接東京方面ホームに入線した後、折り返し快特となる関係上、スカイシートの座席転換等を行う時間がないため締切扱いとします。

それ以外については現行のダイヤにおいて対応予定です。
 

(無題)

 投稿者:つっちゃん@管理人  投稿日:2014年 5月 4日(日)00時18分51秒
  ☆東清水駅営業体制について
では、その内容でよろしくお願いいたします。
入場券については購入した券売機を保有する会社に収入が入るというシステムとしたいと思います。このため、東改札では静中の、西改札ではTRAILの収入となります。
現行設置している東清水駅券売機は最初の画面にてTRAILに乗車するのか静中線に乗車するのかを旅客に選択してもらうメニューがあり、その下に入場券の選択肢を設けています。
同時に新静岡駅の業務区分けについても明確にしておきたいと考えております。そちらも併せてご協力のほどよろしくお願いいたします。

☆2区間定期券の発行について
淵野辺線・東京都心線の東京~二子玉川間が区間内に入っている定期券利用者向けに、一定額の追加によって通常使用している路線ではない方の区間についても乗り降りが可能となる特殊定期券の導入を予定しています。
詳細は今後発表します。

☆GW期間の臨時列車について
GW期間中東京⇔新静岡間にて臨時「Leaf」を上下3往復運行、湘南台~銀座間にて臨時特急「GINZAエクスプレス」を予定通り運行しております。
3日~6日の4日間は臨時「Leaf」のうち1往復を座席定員の多いT800系によって運行します。
なお、連休中の旅客動向を見極めた上で3月ダイヤ改定で設定を取りやめた静岡方面発着の成田空港発着特急について、8月のお盆休みシーズンに臨時列車として特別運行を行いたいと考えております。これについては従来の台場経由として運転するか、新宿経由小田原発着の「CYGNUS」の延長として扱うかは現在検討中です。

☆今後の駅設置計画について
今年下半期~今年度末にかけての方針が決定しました。
板橋線・小岩線・舞浜線の旧足立線区間において高需要が予想される地域への駅設置を進め、東京都区部外周部の回遊性を向上させます。

静岡支社管内では来年春のダイヤ改定時に裾野信号所の駅昇格を実施、従来富士止まりだった新静岡方面からの列車を延長し長泉・北片浜の2駅停車列車の大幅増便を行います。駅名や停車列車については今後検討してまいります。裾野信号所は設置時点で将来の駅昇格を想定した構造となっており、2面4線のホームや側線や引き上げ線を整備しています。今後ホームドアの設置工事や準備工事にとどめていたエレベーターの本設など駅設備の準備を進めます。

 

(無題)

 投稿者:HIROKI  投稿日:2014年 4月24日(木)22時38分49秒
  ◆運賃改定について
静中も予定通り4月1日始発より運賃改定を実施いたしました。切符・ICカードどちらも同一の10円単位の運賃としています。なお、各駅の「入場券」については、これまで通り大人100円、子供50円のままとしておりますが、共同管理駅の新静岡・東清水駅(今後共同管理化)については、これまでTRAILと同料金としていたことから、大人130円、子供70円としました。
今後については、静中線エリアでのICカードの普及具合を引き続き調査を行い、消費税10%化時に1円単位運賃導入が可能かどうか検討していく予定です。
なお、静中バスも現段階では10円単位運賃としておりますが、こちらも今後1円単位運賃導入を検討したいと考えています。

◆東清水駅営業体制変更について
わかりました。6月1日より以下の
・東清水駅東改札 改札窓口業務
・沼急線ホーム施設全て
・沼急線信号扱所
体制で問題ありません。
 

(無題)

 投稿者:つっちゃん@管理人  投稿日:2014年 4月15日(火)22時57分50秒
  ☆運賃改定(その後)
予定通り4月1日始発より消費税8%化に対応する運賃改定(10円単位)を実施しました。全駅とも大きなトラブルなく移行作業を終えています。
1円単位運賃を導入したJRや私鉄各社において大きなトラブルが起きているとの情報がないため、同制度が定着したと判断されれば来年以降消費税が10%に再度引き上げられる場合1円単位運賃の導入を検討したいと考えています。
なお、系列のT BUSでは共同運行する他社と運賃をそろえるため、1円単位運賃を導入しております。T BUS1日乗車券の料金は据え置きとしています。

☆支社区分の改編
創立以来続けていた概ね都県または地方ブロックごとに支社を置くシステムを見直し、神奈川・埼玉・千葉に所在する3支社を廃止し都内と同様本社直轄に、静岡支社との2拠点体制に移行しました。新体制の静岡支社は従来通り裾野信号場~新静岡間を管轄し静岡県内における営業活動全般を担当します。輸送指令など運行全般に関わる事項については引き続き全区間にわたって本社が担当します。

☆外国要人来日に伴う警戒警備の強化について
アメリカ合衆国オバマ大統領来日に伴い、4月18日~25日の間、全線駅構内・列車内における警戒警備を以下の通り強化します。
・警察官または警備員による巡回強化
・コインロッカー使用停止
・ゴミ箱一時撤去・封鎖
・危険物持ちこみ阻止および警戒強化
・監視カメラによる警戒強化

☆東清水駅営業体制変更について
問題がなければ以下のような体制で6月1日(日)より以下の部分を静中側に移管したいと考えております。ご検討よろしくお願いいたします。
・東清水駅東改札 改札窓口業務
→東西それぞれ1か所ずつあるうち、反対側の西改札は引き続きTRAILが管理します
・沼急線ホーム施設全て
→改札フロア~ホームの階段・エスカレーター・エレベーターも含みます
ホーム上の案内サイン等はそのまま引き渡します
・沼急線信号扱所
→清水線の範囲は一部転轍機がTRAIL側と連動転換するため、移管対象外とします。

静中向け駅事務室・滞在設備は現在電源や通信回線の引き込みなど電気系の工事を残してほぼ完了、信号扱所は室内に仕切りを既に設置しています。

☆大型連休への対応
5月のゴールデンウィーク期間中、晴海線において日中の列車本数を増やします。
また、同期間中都市東西線 湘南台~晴海線 銀座間を結ぶ臨時特急「GINZAエクスプレス」を1往復運行します。車両は10000系8両(スカイシート非営業扱いのため実質6両)を予定、晴海線内での特急列車運行および10000系の二子玉川~湘南台間における営業運転は初めてとなります。
詳細な運転日程は後日発表します。
 

(無題)

 投稿者:つっちゃん@管理人  投稿日:2014年 3月16日(日)21時53分9秒
  ☆静岡~静中丸子複々線化
了解しました。また何かありましたらお知らせください。

☆3/15ダイヤ改定関連
予定通り3月15日初電より全線においてダイヤを改定、晴海線(新宿~有明)の営業を開始しました。また、今月いっぱいは多客対応やプロモーションを兼ねて日中帯の各停を増発する臨時ダイヤを実施しており、通常使用する5000系に加え空港線から3000系数編成、練馬線から1000系2編成を増発対策として運用しております。5015Fには開業記念ラッピングを実施、運用全編成には31日まで記念ヘッドマークを掲出しています。
また、年度末に向けて物流の取扱量が増えていることから、淵野辺線において貨物列車の臨時増発を実施しています。この取り扱いは28日まで継続する予定です。

☆運賃改定関連
ICカード利用促進のため、関東地方鉄道各事業者にて導入するICに関する新しいルール等については基本的にTRAILも追随する形で対応します。
第1陣として、チャージ可能額を東京メトロと同様、10円から任意の金額(10円刻み)でできるよう15日から全駅において機器の設定を変更しました。

☆沿線への乗客誘致対策
増税による運賃値上げによって多少なりとも定期外利用が一時的に減少する可能性があるため、沿線案内パンフレットのバリエーションを4月より増やし、沿線への旅客誘致を積極的に行います。現在発行している広報誌「TRAIL Update」に加え、数種類を新たに発行する予定です。
また、新年度より新たにTRAIL線を使って通勤・通学する旅客向け(主に東京都心部へ通勤通学する旅客がターゲット)として「はじめよう!TRAIL線で新生活」を3月末より静岡エリアを除く全駅にて配布します。

☆東清水駅
○沼急線ホーム番号
5・6番線を新静岡方面 7・8番線を三島方面とします。サイン類意匠は先日アップした通りです。配線については軌道・信号設備・架線送電などがTRAILの管理区域ではないため省略します。
先日決定した一部駅業務の移管ですが、新年度には準備の都合上間に合わないため「6月1日より移管」という方向で行いたいと思います。引き渡しに向けてどこをどうしていくかという部分については今後協議の中で決めたいと思います。

画像はTRAIL線各駅改札口に設置している「TRAIL Station Vision」です。
通常は右下のように各種CMとL字バーに天気予報(沿線各地および全国主要都市)、ニュース(通信社から配信)、日経平均株価、為替相場(アメリカドル=円・ユーロ=円)を表示、輸送障害が発生した際には残り3パターンのように情報を表示します。なお、東京地区と静岡地区においては表示の仕方を少々変えてあります。
平均株価指数・為替指数は製作時の数値、ニュースは製作時点で内容がネガティブではないものを「Yahooニュース」より見出しだけ引用」して入力しています。
いずれの運行情報も表示の一例を示すためにあえて作ったもので、内容も一切架空のものです。
 

レンタル掲示板
/96